8mmキャメラ鎌倉スタイル

日々、様々なお題に挑戦する映像ディレクターのブログ。

  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ろ. 読書

大江健三郎さんは、ある作家、詩人、思想家をきめて、その人の本、その人についての研究書を3年間読み続け、4年目には、新しいテーマに向かって進んでいるそうだ。番組で、さだまさしさんにインタビュー取材した際には、さださんは1年間同じ人の小説を繰り返し読む読書法をしていると仰ってた。

ここ最近、新書ブームとやらで多分にもれずボクも新書をよく買う。新しい知識への欲求を満たすには新書は手っ取り早い。でもやっぱり小説世界にひたる時間をもっとつくるべきだと考えた。理由はうまく説明できないけど・・・

そこで4月からいちねん(学校っぽい)重松清さんの小説や何やらを偏読することにした・・・もちろん他も読むけど。

いま読んでるのは『流星ワゴン』。「本の雑誌」が選んだ年間ベスト1受賞作だったそう。何故 重松清を選んだのか?それもうまく説明できない。

流星ワゴン流星ワゴン
(2002/02/08)
重松 清

商品詳細を見る
スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://envyproduction.blog4.fc2.com/tb.php/381-6a2d6837

 | HOME | 

■ プロフィール

辰巳 昇 a.k.a.,tatchy

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。