8mmキャメラ鎌倉スタイル

日々、様々なお題に挑戦する映像ディレクターのブログ。

  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

は. 『天才論』茂木健一郎

ダ・ヴィンチに学ぶ「総合力」の秘訣という副題のついた本書は、面白い。
著者の茂木さんは脳科学者であり、美術評論や文芸評論にも取り組んでいらっしゃる。
最近ではNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」のキャスターも務める。
茂木さんがいう天才の定義とは「天才はみんな万能」だということ。
「あらゆる事象に豊かな好奇心を抱き、膨大な情報の思いもよらない組み合わせを見つけ出して、凡人には「ひらめき」としか表現できない発想をする人物」だそうだ。
こうもある「おそらく天才はだれでも、世界について人並みはずれた理解力をそなえているのでしょう。それがある特定の専門的な分野に大変なエネルギーをもって注ぎ込まれたときに、人々の心を動かし、歴史に残るような業績に結実するのではないでしょうか」と。「大変なエネルギーをもって注ぎ込む」っていうのがポイントで、なかなかそれが出来ない。
ダ・ヴィンチをひも解きながら、脳科学の見地から語られるくだりは刺激的だ。
私は、レオナルドは過去ではなく、「未来」だと思っています。
という言葉はガツンときた。(読めば分かると思う)
脳や人間の精神の語られ方に、徹底的に欠けているのは、生命哲学です。
というあたりは、何だかシンバルが横隔膜のなかで響いた感じ。
これは昨今のメディアについて<ねつ造番組>苦言を呈してる訳で、メディアにかかわる自分の頭の片隅に置いておく。
しばらく、茂木さんウォッチを続けてみようと思う。

天才論―ダ・ヴィンチに学ぶ「総合力」の秘訣 天才論―ダ・ヴィンチに学ぶ「総合力」の秘訣
茂木 健一郎 (2007/03)
朝日新聞社

この商品の詳細を見る


今買うと、特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチー天才の実像」(東京国立博物館)割引引換券つきで、帯写真は「受胎告知」です。


スポンサーサイト

■ コメント

こんにちわ~。
脳のお話も面白いですよね。脳は解明されていない部分が多く、未だに未知の世界ですものね。茂木さんの本、読んでみます!
DNAのお話も面白いですよね。友人が村上和雄氏と仲良くしているので、講演などに何度か行かせてもらったり、本を読んでみたんですが、奥が深くて興味深いです。
その中に、「DNAは平均値を求める」という説があって、これが結構納得なんですよね。
と、長くなるので、また今度・・・。
今度、私がかかわっている写真集が出版になるので、そのときにはご案内させてください~。

DNAですかぁ

コメント有り難うございます。
人間って不思議な生き物だと感じます(笑)

ところで写真集が出版されるとか。
その際は、どうぞお知らせください。

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://envyproduction.blog4.fc2.com/tb.php/212-18460194

 | HOME | 

■ プロフィール

辰巳 昇 a.k.a.,tatchy

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。