FC2ブログ

8mmキャメラ鎌倉スタイル

日々、様々なお題に挑戦する映像ディレクターのブログ。

  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10

は. 『告 白』

映画「キル・ビル」を見たことありますか?
あの映画を見た後、タランティーノって“いちびり”やなぁ…と感じたわけです。
“いちびり”とは、イキガッテルとかそんな意味。
なんだろう「やりたい放題やリやがって」みたいな悔しさ?

『告 白』を書いた町田 康もタランティーノだ。
谷崎潤一郎賞を受賞したこの小説は、<河内十人斬り>といわれる明治の事件をもとに書かれている。
河内弁が満載なこの小説は、読みにくいことこのうえない。
高校まで北河内に住んだ私にとってもかなり難儀な小説やった。ほんま正味な話。
せやけど久しぶりに河内音頭が聞きたくなったし、大阪にいたことを思い出したりした。
とてもハッピーエンドじゃないんだけど、なんか心の片隅にひっかかるお話でした。
告白 告白
町田 康 (2005/03/25)
中央公論新社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト



■ コメント

はじめまして。
KIN53:赤い磁気の空歩く者です。
町田康しばらくよんでいなかったので、今度よんでみようかなと、
思います。

それにしても、文章を上手に書きますね。
こういう表現力には感服します。

コメントありがとうございます

こちらこそ はじめまして。
『告 白』 結構読みごたえあります。
>しばらくよんでいなかった
何をお読みになったんでしょうか。おススメがあれば教えて下さい。
個人的には『東京飄然』とか好きっす。
コメントありがとうございました。

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://envyproduction.blog4.fc2.com/tb.php/182-2878a1f2

 | HOME | 

■ プロフィール

辰巳 昇 a.k.a.,tatchy

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク