8mmキャメラ鎌倉スタイル

日々、様々なお題に挑戦する映像ディレクターのブログ。

  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

い. BOOK LOG 5月

ビフォア・ラン/重松清
青春夜明け前/重松清
トワイライト/重松清
口笛吹いて/重松清
貴方には買えないもの名鑑/原田宗典
スポンサーサイト

ろ. いろんな言い訳がある

昨日は仕事の打ち上げだった。
ちょうど鎌倉で改札をタッチしようとしたらメールが届いた。

じじ 事故にあったって。

今、救急車で病院探してるらしい。



カミさんからだ。

「じじ」とはカミさんの親父のことだ。当然引き返すべきか迷った。けど、何かあったら途中で引き返すつもりで取りあえずカミさんには断って打ち上げに向かった。打ち上げのあいだ、カミさんから電話がないので大事には至ってないだろうと楽観していた。結局、命に別状はなかったけど全治6週間だった。

いくら酒好きとはいえ(正確にはお酒の場が好き)そこまでして行くか?しかも雷雨のなか…。その言い訳は小学生のころに読んだ本が影響してるらしい。

太宰治『走れメロス』より抜粋
斜陽は赤い光を、樹々の葉に投じ、葉も枝も燃えるばかりに輝いている。日没までには、まだ間がある。私を、待っている人があるのだ。少しも疑わず、静かに 期待してくれている人があるのだ。私は、信じられている。私の命なぞは、問題ではない。死んでお詫び、などと気のいい事は言って居られぬ。私は、信頼に報 いなければならぬ。いまはただその一事だ。走れ! メロス。


先にした「約束」は守る。守ろうと努力する。たかが「飲み会」ではないのら。

と.モッコウバラ

母がウチのとなりの山林にモッコウバラを茂らせてみた。

bara.jpg

ろ. 浅葉克己さんと!

IMG00036-20100430-2354_2_convert_20100501184900.jpg

ここ数年の出会いのなかでこんなに感激したことはない。
朝までお酒をご一緒させていただき感謝です。

実はウチのオヤジと同い年だったんです。
そんなこともあってなんかうれしかった。
また当分、仕事に張りがでます。

 | HOME | 

■ プロフィール

辰巳 昇 a.k.a.,tatchy

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。